競技力向上指導者

 

競技力向上指導者とは、スポーツ選手を育てていくことを目的とした指導者で、A,B,C級と3つのレベルがあります。
A級は、競技別に新しいスポーツ技術の研究・開発、レベルの高い技術指導、多くの国の競技力の分析や戦術・戦法の研究・開発を行います。
B級は、競技別にスポーツ技術の指導と活動組織の育成・アドバイスなどの指導していき、C級は、全国各地でのスポーツ活動を行っているクラブチームやグループなどを対象に専門的な技術の指導を行っていきます。

■ なり方と資格

まず初級のC級から受験していくことになりますが、C級は22歳以上で各当該事業認定中央競技団体から認められた人が試験を受けることができます。
B級資格においては、C級の資格を取得後、3年以上の指導実績が必要となり、A級資格は、B級のコーチ資格取得後、5年以上の指導実績がないと受験することができないようになっています。
活躍の場として、事業が認定しているのは陸上競技、水泳、サッカー、テニスなど33競技にものぼり、指導や養成だけでなく、新技術の研究や開発などの仕事もあるので、活動の範囲はさらに広がる可能性もあります。

■ 問い合わせ先
(財)日本体育協会スポーツ指導者育成部育成課
東京都渋谷区神南1-1-1岸記念体育会館2階
TEL:03-3481-2226