水泳指導管理士

 

フィットネスクラブや公共施設のプールで、施設管理や、水難事故からの救助、正しい水泳を指導するなどの、水泳全般の管理をするのが水泳指導管理士の仕事です。
公認プールでは、水泳指導管理士をおくことが義務づけられています。
基本的には、水泳競技経験者の資格といわれていますが、誰でもなることができます。

■ なり方と資格

講習会へ参加した後、認定試験に合格すれば資格を取得できます。
ただし講習会の受講資格があり、満20歳以上で、同一泳法で500m以上泳ぐことができ、立ち泳ぎ(足のみ)3分以上が可能な者となっています。

■ 問い合わせ先
財団法人日本体育施設協会
〒160-0013
東京都新宿区霞岳町10-2 国立競技場内
TEL:03-3401-6548