健康運動実践指導者

 

この資格は主に健康増進センターや保健所、市町村保健センター、フィットネスクラブなどで、健康作りのための運動を個人の身体的状況に合わせて、ジョギング、エアロビック・ダンス、ストレッチングなどの補強運動の指導を適切に行うのが健康運動実践指導者の仕事です。

■ なり方と資格

資格を取得するためには、まず体育系の短大もしくは専修学校を卒業している者か運動指導に3年以上の経験がないと受験することができないようになっています。
資格試験を受けるには、健康・体力づくり事業財団が主催している9日間33単位の講習会を受け認定試験に合格すれば資格が得られます。
その後の活躍の場として、スポーツクラブやアスレチッククラブ、老人福祉施設などで勤務することになります。

■ 問い合わせ先
(財)健康・体力づくり事業財団
東京都港区虎ノ門1-25-5虎ノ門34MTビル
TEL:03-3591-7159