サッカー公認審判員

 

サッカー公認審判員の主な仕事内容は、日本サッカー協会の主催する試合、またはその傘下にある各サッカー協会の主催する試合、さらにはFIFA(国際サッカー連盟)の主催する試合を、反則プレイなどにその場で反応し、正確かつ公正なジャッジをしていきます。

■ なり方と資格

サッカー公認審判員には4つのレベルがあり、4級から始まって資格が取得できると3級と言う風に受験していくことになります。
4級は12歳以上なら受験することができ、3級なら15歳以上で取得可能です。
2級の場合は、3級取得後2年以上の実績のある人で、各都道府県協会の推薦が必要となり、1級は2級取得後2年以上の実績と34歳以下の者、その他に地域の協会の推薦が必要となります。
1級取得者は、国体やJリーグで主審や副審を務めることができ、経験を積むことによって推薦されれば国際試合を担当する国際審判員をすることも可能ではありません。

■ 問い合わせ先
(財)日本サッカー協会・審判部
東京都文京区本郷3-10-15 JFAハウス
TEL:03-3830-2004

日本サッカー審判協会
東京都中野区中野4-27-37
TEL:03-3366-7361