陸上競技審判員

 

この資格は、陸上競技大会で多種目の競技が行われる時に、走・跳・投・競歩などの各種目がルールに基づいてフェアに競技されるように判定し、また写真判定や跳躍・投てきの判定、記録計測、受付事務など行うのが陸上競技審判員の主な仕事です。

■ なり方と資格

陸上競技審判員にはB、A、S級と3つの階級があり、B級から順に試験を受けていくことになります。
B級は、18歳以上で加盟団体が行っている講習を受け、テストや実技研修に合格すれば資格を得ることができ、A級の場合は、B級取得後10年以上の実務経験がある者、S級は、A級取得後10年以上の実務経験をした60歳以上の者が技能を審査し合格すると資格を取得することができます。
陸上競技の審判員を目指す多くの人は、選手として自分の得意なスポーツで能力を発揮できる学校に進み、技術、知識を学んで経験を積んでいくようです。

■ 問い合わせ先
(財)日本陸上競技連盟
東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL:03-3481-2300