ハンドボール審判員

 

ハンドボール審判員の資格は4つのレベルによって分かれており、レベルが上がることによって、ゲーム内容など、国内から国際ゲームへと変わり、活躍の場が広がっていきます。
このゲームは、行動がすばやい動きのあるスポーツなので、動体視力や集中力などが必要となります。

■ なり方と資格

ハンドボール審判員には、D、C、B、A級と4つのレベルから成り立っていて、D級から順番に資格取得していきます。
D級の試験に関しては、18歳以上の者が受けられ、試験科目として実技試験、筆記試験、体力テストがあります。

■ 問い合わせ先
(財)日本ハンドボール協会事務局
東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL:03-3481-2361