バドミントン審判員

 

バドミントンの試合には、主審1人と線審2人があてられ、ゲームのレベルによって3級から1級の審判員が割り当てられます。
上位級になるほど試合のレベルはよりスピーディーで高度になっていくので、正確な審判能力も必要とされます。

■ なり方と資格

まず1,2,3級とも公認審員判資格審査を受けて合格する必要があり、試験科目は、学科と実技試験となっています。
3級は、各支部協会の審査にパスすれば資格取得でき、2級の場合は、3級の経験が2年以上あり、地方大会に5大会70試合以上の審判経験をした者、1級は、2級取得後経験が2年以上あり、バドミントン協会本部主催の大会、地方大会で審判をしたものに受験資格が与えられます。

■ 問い合わせ先
(財)日本バドミントン協会事務局
東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL:03-3481-2382