空手道公認審判員

 

全日本空手道連盟が主催する試合の審判員は、公認段位と空手歴が一定のレベルに達すると、受験資格が得ることのできる民間の資格です。
ここで空手というのは、大学や高校のクラブで行われているポイント制の空手や正道会館・極真会館などの空手とは違って、いわゆる伝統派空手を意味します。

■ なり方と資格

受験資格は、27歳以上、空手道歴8年、公認段位3段以上で、都道府県審判員2年以上の者となっており、試験科目として実技試験や学科などが行われています。

■ 問い合わせ先
(財)全日本空手道連盟
東京都港区虎ノ門1-11-2 日本財団第2ビル6F
TEL:03-3503-6637