スポーツ用品販売員

 

スポーツ用品販売員の仕事は、大手スポーツ用品販売チェーン、各スポーツ用品専門店、個人店などのスポーツ用品店で販売をすることです。
大手スポーツ用品販売チェーン店の場合は、取り扱っているスポーツの種類も多く客層もいろいろなので広く浅くスポーツ知識があることが必要となり、スポーツ用品の専門店などは、その分野について詳しく知っていることが大事になり、個人店は、専門の知識よりも地域のお客様を大事にするというのが要求されます。

■ なり方と資格

基本的に通常の従業員として勤務するためには、高卒以上が条件と言う場合が大半です。
将来的に独立開業を目指している人は、販売の仕事を通して、仕入れや経理、総務、人事などを学んでおいたほうが役に立ちます。
大手スポーツ用品販売チェーン店では、幅広い知識の他に、スポーツの経験、さまざまなスポーツ観戦など興味を持つことが重要視されます。