スポーツ番組ディレクター

 

ディレクターの仕事は、スポーツの試合中継や選手のインタビュー番組、番組の企画から、取材先の面会の約束取り、ビデオ素材の収集、選択、編集、スタジオで人をまとめるなど、テレビ番組制作をディレクションするのがスポーツ番組ディレクターです。

■ なり方と資格

制作会社のディレクターになる場合は、各会社によって採用基準は違うが、専門学校や高校卒業の学歴が必要で、放送局のディレクターは、大学・大学院の学歴が必須条件となります。
現実には、放送局の社員のディレクターになったとしても、絶対スポーツ番組の担当ができるとは限らず、さまざまな種類の番組を手がけていかなくてはなりません。
そのためにも、スポーツの情報収集、理解、取材先で人とのコミュニケーションの能力、根気力などが必要とされます。