スポーツ番組カメラマン

 

スポーツ番組カメラマンの仕事は、試合であればスタジアムや各競技会場、また、選手インタビューやスポーツのバラエティ番組であれば、スタジオなどで動画の撮影をしていきます。
テレビカメラマンの腕の見せ所は、試合になると各競技によっていろいろな対応が要求されるので、体力とスポーツ競技の知識がなくてはなりません。

■ なり方と資格

放送局技術者になるには、理科系の大学や大学院が学歴の条件ですが、実際には、ほとんどのテレビカメラマンは制作会社に外注しているので、放送局の方に入社しても、テレビカメラマンになれる可能性は低い状態です。
テレビカメラマンになるためには、制作会社に入社し、カメラ担当をするのが一般的だと言われています。
カメラの操作自体は経験で慣れていくため、心配の必要はないが、技術面の知識の方が要求されるので、電子工学などを勉強しておくほうがよいでしょう。