ビオトープ管理士

 

ビオトープは、ドイツ語で「地域の野生動植物が生息、育成する空間」を意味します。
一度自然が失われた場所に生態系を保った生物の生息空間を復元、創出、保全し、自然環境の造成・復元を行い、定着するまでの管理を行うのがビオトープ管理士の仕事です。

資格は2つに分けられていて、都市や農村などの地域計画を行う「ビオトープ計画管理士」と、地域の生態系の保護などを考慮して設計・施行を行う「ビオトープ施行管理士」です。
ともに1級と2級があり、1級は責任者レベルで2級は基本的技術者レベルとなっています。

■ 問い合わせ先
(財)日本生態系協会
ビオトープ管理士係
東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
TEL:03-5954-7106
http://www.ecosys.or.jp/eco-japan